事前認定と被害者請求

事前認定と被害者請求のどちらでも、調査を実施し判断を行なうのは損害保険料率算出機構です。資料や書類をもとに等級を決める書面主義のため、提出する資料や書類が一緒であれば、事前認定でも被害者請求でも結果は変わりません。

このようにいわれると、手続きをほぼすべて任せることが可能な事前認定のほうがいいと思う人は少なくありません。たしかに面倒なことをしなくても良いのですが、提出する資料や書類の内容によって、等級認定の結果は変わってきます。本当であればより数字が低く限度額の高い等級になれたはずが、提出する資料や書類を精査しないことにより不備が生じ、不利な認定結果が出てしまうことにもなりかねません。手続きを任せる保険会社は加害者側の保険会社であり、よりよい等級認定になるよう、積極的に動いてくれることはほとんどありません。

また、事前認定の場合、加害者側の保険会社と損害賠償金についての示談交渉が終わるまで賠償金が受け取れません。これに対し、被害者請求は加害者側との示談交渉が終わる前に、後遺障害が認定された等級に該当する自賠責限度額を受け取ることが可能です。受け取ったお金を専門家に依頼した費用にあてたり、この先の治療費にあてたりすることもできます。